髭剃りまけの原因

髭剃り,負け

髭剃りにカミソリを使用することで、髭剃り負けをすることがあります。髭剃り負けとは、髭剃り後にカミソリをあてた肌の部分が、赤くかぶれたようになってしまったり、ヒリヒリしたりする症状のことです。原因は、カミソリの刃が肌に合わないことが考えられます。
特に、新しい刃のカミソリに肌が慣れていないために、かぶれて髭剃り負けになることがあるため、新しい刃を使用するときには注意が必要です。
この対策としては、髭剃りの際に直接肌にカミソリをあてず、クリームなどを塗ってから髭を剃ることがポイントです。
髭剃り,負け
クリームを塗ることで直接肌にカミソリの刃が当たるのを防ぐため、髭剃り負けを防止することができます。他にも、髭剃り負けの原因として、髭剃りの際に強くこすりすぎるということが考えられます。強く擦ることで、カミソリの刃との摩擦によって肌表面が傷ついて、赤みやヒリヒリする症状が引き起こされます。
これらの原因からくる髭剃り負けに対しては、強く刃をあてずにゆっくりとやさしく肌への刺激が少なくなるように髭を剃るということを心がけることが大事です。

 

髭剃り負けの対策として、近年注目されているのがひげ脱毛です。
リンクスでは、痛みが少ない光脱毛でひげ脱毛をします。

 

痛みの少ない光脱毛ならリンクス!詳細はこちら
http://www.mens-rinx.com/